American Life
初めてのアメリカ生活。私の数々の失敗や街でみつけた面白いことなどを書いていこうと思います。 面白いことを発見するアンテナを作りたいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのお店で見つけたもの その2
こちらへ来て半年が過ぎ、だんだん自分の行動パターンが決まってきてしましました。
お買い物も馴染みのスーパーばかり。
そうすると、レパートリーの少ない私は、買うものもワンパターン。
それで、友達にいろいろ聞いて新たにお気に入りのスーパーを開拓中です。
その中の一つが、私の家から車で10分くらいにあるDraegers。
初めは”ドジャース?”野球のチームの名前みたいなんて勘違いしていましたが、私の料理教室の先生が愛用しているスーパーだというので行ってみました。
そして、またまた見つけました。
今度はどこまでも続くドライフルーツとナッツ類の棚。これだけつながっていると、壮観でしたよ。
こんなに選択肢があるのに、なぜか買ったのは無難なピーナッツ、ぺカン、プルーン。
何のためにお店を開拓しているのかしら。
DSC01789.jpg

DSC01790.jpg

 
それから、日曜日に中国人の友達と中国人マーケットへ行ってきました。
ここから30分くらい高速で走ったところにクーパチーノという街があります。
そこには、沢山の中国系のスーパーがあって、値段も日系スーパーより断然安いです。
働いているのは、メキシコ人が多いみたいで、スペイン語が飛びかっていました。

私がここへ来た一番の目的。それは、切り身ではない新鮮なお魚を買ってみたかったから。

なんだそんなことって思うでしょ?でも、こちらでは頭がついているお魚にはめったにお目にかかれません。たまにニジマスをみるくらい。ニジマスってどうやって食べると美味しいのでしょう。。。お恥ずかしい。。。みんな知っているのかも。

こちらのお肉コーナーはご想像通りとても充実していて豊富な品揃えです。牛、豚、鳥、ラムはもちろんのこと、七面鳥、バッファロー、ウサギのお肉までなんでもあります。
でも、私たちの大好きなお魚コーナーはというと。。。
鱈、サケ、マグロ(赤身)、ハマチ、ナマズなどの大きな切り身の塊がどーんとショーケースの中にあって、切り分けてもらわなければなりません。パックも少し売っていますが、だいたいナマズかサケかマグロブロックです。
種類も少ないし、秋刀魚やアジやサバや鯛がとっても食べたくなります。
日本のスーパーのお魚コーナーってなんてワンダフルなんだろうと思う今日この頃。
中国人の彼女も同じことを思っていて、毎週このマーケットへ買いに来ているそうです。やっぱりアジア人にはお肉よりお魚だよねとすっかり意気投合した私たち。
彼女の話では、生きた蟹もえびも魚もいるということで、ウキウキして出掛けてきました。
seafood.jpg

ここがお魚コーナー。写真では写しきれなかったけど、まだまだ沢山の魚が並んでいました。
手前のお魚を選ぶと、店員さんが奥の調理台でウロコと内臓をきれいにとってくれて渡してくれます。
久しぶりにいろんなお魚のお顔が見られました。小ぶりの真鯛一匹が4ドルくらい。これって安いかな?


その夜は丸ごとのお魚でアクアパッツァを作りました。
acquapazza.jpg
注:写真を撮り忘れたのでこれはイメージ画像です。

まぁ当たらずとも遠からず。。。いやいや、こんな風にできたって、たぶん(^^)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2006/03/08 18:08】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://palomenlo.blog52.fc2.com/tb.php/7-c07b1290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。