American Life
初めてのアメリカ生活。私の数々の失敗や街でみつけた面白いことなどを書いていこうと思います。 面白いことを発見するアンテナを作りたいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリーハウス
時が経つのは早いもので、こちらへ来てもうすぐ7ヶ月。
いろいろな所に出掛けた私たちですが、家から30分くらいのサンノゼには、まだ一回しか遊びに行ったことがありません。

サンノゼ(サンホセ、San Jose)は、スペイン語で聖ヨセフを意味する名前で、半導体・コンピュータ関連の産業が集積するシリコンバレーの中心的都市でもあります。
人口は、カリフォルニア州でロサンゼルス、サンフランシスコに次いで3番目、全米では11番目に大きいそうです。
私たちの家からは、サンフランシスコに行くのにかかる時間の半分で行ける街なのに、なかなか足を運ぶ機会がなかったので、久しぶりに青空が広がった先週末、二人で出掛けてきました。

向かった先は、ウィンチェスター ミステリーハウス。
遊園地のお化け屋敷?と思うでしょ。

ガイドブックにはこう書かれていました。

「ウインチェスター・ライフル会社の膨大な財産を相続した未亡人、サラ・ウインチェスターが住んでいたのべ160室からなる豪邸。ウインチェスター夫人は、最愛の夫と娘を続けて亡くし、悲嘆にくれてある霊媒者を訪ねたという。霊媒者によると、彼らが亡くなった原因は夫の作ったライフルで亡くなった人々による呪いであり、サラ・ウインチェスター自身もその呪いから身を守るため、西部に移り家の増築を続けなければならないと言われたらしい。38年の間、24時間休むことなく増築され続けた奇怪な邸宅内の部屋数は160部屋、窓の数10,000、ドアの数は2,000、天窓数 52、暖炉数47、寝室数40、階段数42、浴室数13、台所数6、地下室2つ、シャワー1つという巨大な屋敷が出来上がった。開けると壁になっているドア、どこにつづいているか分からない階段、天井につづく階段、交霊を行なったといわれる部屋など、実に奇妙な構造が連なっている。」

こう書くと、どんな家なのか想像つきませんよね。
Exterior20Fountain.jpg
外観は、やしの木が何本もたち、明るい日差しの中で見ると、とても家の中がそんな風になっているとは思えません。

しかし、一歩家の中に足を踏み入れると、そこには摩訶不思議な空間が。。。
Stairs202.jpg
そう、これが噂の天井につづく階段。

Stairs.jpg
これは通路。人一人が通るのがやっとな程狭く、迷路のように入り組んでいます。

夫人自身も地図がないと迷ってしまったそうです。
彼女は関節痛がひどかったようで、あちこちにそれを和らげるための暖炉がありました。それでは、なぜこんな歩くのも大変な不思議な家を建てたのでしょう。
答えは誰にも分からないそうですが、彼女の悲しみの深さは感じることができました。

ここはサンノゼの観光名所らしく、とても混雑していました。それで、ツアーが出発するまで50分近くも待たなければなりませんでした。
お土産コーナーも広くて驚きました。

DSC018811.jpg
4階の窓から下を見下ろした図。入り組んだ部屋の様子が屋根をみただけでも想像できますよね。

birdseye.gif
これが全体図。赤い屋根は全部敷地内の建物です。
スポンサーサイト
ビーズ作りは楽しい!
昨日、また一つ楽しみを見つけました。
それは、ビーズ作り!

今までは作ってみたいと思っていても、あの難しい解説書の見方が分からなくてあきらめていました。
でも、友達にビーズを教えている方を紹介していただいて、昨日4人でその方のお宅へ行ってきました。

私たちは初心者なので、ビギナー用のネックレスをリクエストしておきましたが、ビギナーといってもとってもステキなデザインだったので、嬉しい驚きでした♪
私たちでもこんな手の込んだものが作れるなんてと大感激(^^)/
ビーズだけでなく、チェーンとペンダットヘッドのジョイントの部分は自分でワイヤー(長いピン)をねじって作ったのです。
すごいでしょ。
DSC01888.jpg

前に一度ネックレスを作ったことがあったけど、その時にはペンダットヘッド以外のところはすでに出来上がったものを買ってきてつけました。
だって、自分で作れるなんて思ってもいなかったから。
ここまで書くと、どんなのができたか気になるでしょ?

ジャーン!
DSC01893.jpg
下のヘッドと上のチェーンについているビーズの間のワイヤーがねじれているところも作り方を教えていただきました。

私の作ったベージュの他に、ピンク、ブルー、パープルがあって、みんなで一つずつ違う色のアクセサリーを作りました。同じデザインでも色が違うだけで、がらっと雰囲気が変わって見ていて楽しかったです。
難しい工程もあったけど、とっても丁寧に教えていただいたのでスムーズに作ることができました。

DSC01889.jpg
ちょうど昨日着ていったニットにぴったり!

ステキなお家で楽しい時間を過ごせて、昨日はとってもハッピーな一日でした。

もうすぐあのバレンタインカードをくれた女の子のお誕生日なので、プレゼントにビーズのアクセサリーを作ってあげようと思いました♪
せっかくだから、ママとお姉ちゃんのも作ってあげようかな♪色違いなんていうのもいいかも♪

しばらくはマイブームになること間違いなしです。

アダルトスクール ESLクラス編
今日は、私が毎日通っているアダルトスクールの紹介をしますね。

アダルトスクールは、多くの移民を受け入れている国アメリカ独特のもので、英語を母国語としない人々のためのESL(ENGLISH AS A SECOND LANGUAGE)クラスと、地域住民の知識・教養の向上、技術の取得を目的としたさまざまなクラスが開講されており、合衆国の各州、市や町の税金ならびに援助によって運営されている公的機関です。私もこのアダルトスクールでESLクラスとアートクラスを受講しています。

ESLクラスでは、アメリカに移民してきた人を含めて世界中のあらゆる国の人々が英語をマスターするため学んでいます。私のクラスメートの母国を全部挙げてみるるだけでも、中国、日本、韓国、台湾はもちろんのこと、ロシア、キューバ、エルサルバドル、メキシコ、フランス、イタリア、チェコ、インド、スペイン、スウェーデンと、なんと14ヶ国!年齢も様々で、18歳から83歳までいろいろな年齢の方々に会いました。
14ヶ国のいろいろな年齢の方々と、同じ教室で一緒に英語の勉強をするなんて想像できますか?
初めはその雰囲気にすっかりのまれ、なんとも居心地の悪い思いをしていた私ですが、今はそれを当然のこととして受け止められるようになりました。たまに日本人の集まりに行くと、全員同じ人種というのがなんだか不自然に感じられる程です(^^)/ どうやら、順応だけは早いようです。
私の勝手に抱いていたイメージと違って、どの国の人も気さくでいい人ばかりです。その中でも一番感性が似ていると感じたのは、韓国人!彼女たちも同じように感じているようで、お家に招待してくれたり、英語の勉強サークルに誘ってくれたりしてとても嬉しいです。

私が通っているパロアルトアダルトスクールのカバリーセンター。
通路の左側に何棟も建物があります。
DSC018841.jpg

DSC01885.jpg
今日はいつもより早く学校に着いたので閑散としていますが、あと15分もすれば、沢山の人がやってきて、とても賑やかになります。私の教室は左側のドアの部屋です。どうやら今日はロシア人のおじさんたちが一番乗りみたい。

カバリーは初級、中級、上級、マルチレベルそれぞれが上下に分かれています。パロアルトには他にもいくつか教室がありますが、カバリーのように沢山のコースがあるわけではありません。それで、自分のレベルにあったクラスを受講したくて、家に近い大学内にある教室ではなく、家から車で20分のこちらの教室を選びました。

この間までのテーマは移民。5,6人のグループになって、日本での移民や外国人のこと、それに関わる法律などを話さなければならない時間が度々あって、勉強不足の私はしどろもどろ。そのテーマの他にも動物保護や環境問題など昨今問題になっている事柄についての各国の取り組みや、個人の考えを当然ながら英語で話さなければならなくて大変です。
こちらへ来て、日本にいたときより自分の国のことをよく知らなくてはと思うようになりました。

こう書くと、さぞかし英語が上達したと思うでしょ?
いやいや、語学を身につけるのはそんなに容易いことではないのです~~。
進歩があったと思うのは、少しアメリカ人の言っていることが分かるようになったような気がするくらいでしょうか。でも、話せないのよねぇ。。。クラスのみんなはとてもよく英語ができるので、私は聞いてばかり。自分から話さなくては上達はしませんよね。

DSC018861.jpg
授業が終わったところ。今日はアシスタントの男の先生が来ていました。まだ雨降りの日が多く寒いので、薄手のセーターやジャケットを着ています。

カバリーでは、月曜から金曜の朝9時から昼の12時15分まで、毎日授業が受けられます。
週5日、一日約3時間の授業料は、なんと無料です。
初めにテキスト代が30ドル位かかりましたが、それだけです。多くの人々に学べる機会を提供してくれるこの制度は、生活のために英語を身につけなければならない移民や私たち外国人にとっても有難い制度です。他民族国家アメリカならではですよね。
日本でもすべての街には無理だとしても、大きな街に無料の日本語学校があったら、日本に住む外国人の助けになるのになぁと思いました。言葉が分からない、伝えられない不安や苦労は、私も毎日同じように感じたり体験したりしているので、なんだか人ごとではありません。

帰るまでに少しでも話ができるようになりたいな。




ホワイトデー
日本では3月にホワイトデーがありますが、こちらではその習慣はありません。
バレンタインも日本とは少し違い、子供たちは男女関係なくクラスメイトへカードを送りあっています。
私も家庭教師をしている女の子からこんなかわいいカードをもらいました。
DSC01840.jpg

DSC01841.jpg

バレンタインの日は、花屋さんには沢山の男性の姿が。
男性から女性へ花束を贈るのがポピュラーなようです。花束を抱えて歩く後姿、ステキでした。
日本でもチョコよりこっちの方が嬉しいですよね♪

この間の日曜日に久しぶりにショッピングに二人で出掛けたので、ホワイトデーのプレゼントはケーキがいいなぁとリクエストして、久しぶりにアメリカのケーキを食べました。
DSC01801.jpg

アメリカのケーキは大きかったり、ピンクや緑などの体に悪そうなクリームがたっぷりのっていたり、甘すぎたりするけど、このケーキはほんのりと甘さを感じる味で美味しかったです。それに1個2ドルちょっとと嬉しい値段。
街のスーパーでは、3月になってイースターグッズのコーナーをよく見かけるようになりました。
アメリカへ来てからこれまでに、ハロウィン、感謝祭、クリスマス、ニューイヤーといった行事が毎月あって、その度にかぼちゃをくりぬいたり、丸ごとターキーを焼いたり、大きなツリーを飾ったりしてきたけど、イースターでは何をしようかな。
こちらの人にいろいろ聞けば、楽しい話が聞けるかもしれませんね。
旦那様がつきあってくれたら、卵探しでもやってみようかな。









アメリカのお店で見つけたもの その2
こちらへ来て半年が過ぎ、だんだん自分の行動パターンが決まってきてしましました。
お買い物も馴染みのスーパーばかり。
そうすると、レパートリーの少ない私は、買うものもワンパターン。
それで、友達にいろいろ聞いて新たにお気に入りのスーパーを開拓中です。
その中の一つが、私の家から車で10分くらいにあるDraegers。
初めは”ドジャース?”野球のチームの名前みたいなんて勘違いしていましたが、私の料理教室の先生が愛用しているスーパーだというので行ってみました。
そして、またまた見つけました。
今度はどこまでも続くドライフルーツとナッツ類の棚。これだけつながっていると、壮観でしたよ。
こんなに選択肢があるのに、なぜか買ったのは無難なピーナッツ、ぺカン、プルーン。
何のためにお店を開拓しているのかしら。
DSC01789.jpg

DSC01790.jpg

 
それから、日曜日に中国人の友達と中国人マーケットへ行ってきました。
ここから30分くらい高速で走ったところにクーパチーノという街があります。
そこには、沢山の中国系のスーパーがあって、値段も日系スーパーより断然安いです。
働いているのは、メキシコ人が多いみたいで、スペイン語が飛びかっていました。

私がここへ来た一番の目的。それは、切り身ではない新鮮なお魚を買ってみたかったから。

なんだそんなことって思うでしょ?でも、こちらでは頭がついているお魚にはめったにお目にかかれません。たまにニジマスをみるくらい。ニジマスってどうやって食べると美味しいのでしょう。。。お恥ずかしい。。。みんな知っているのかも。

こちらのお肉コーナーはご想像通りとても充実していて豊富な品揃えです。牛、豚、鳥、ラムはもちろんのこと、七面鳥、バッファロー、ウサギのお肉までなんでもあります。
でも、私たちの大好きなお魚コーナーはというと。。。
鱈、サケ、マグロ(赤身)、ハマチ、ナマズなどの大きな切り身の塊がどーんとショーケースの中にあって、切り分けてもらわなければなりません。パックも少し売っていますが、だいたいナマズかサケかマグロブロックです。
種類も少ないし、秋刀魚やアジやサバや鯛がとっても食べたくなります。
日本のスーパーのお魚コーナーってなんてワンダフルなんだろうと思う今日この頃。
中国人の彼女も同じことを思っていて、毎週このマーケットへ買いに来ているそうです。やっぱりアジア人にはお肉よりお魚だよねとすっかり意気投合した私たち。
彼女の話では、生きた蟹もえびも魚もいるということで、ウキウキして出掛けてきました。
seafood.jpg

ここがお魚コーナー。写真では写しきれなかったけど、まだまだ沢山の魚が並んでいました。
手前のお魚を選ぶと、店員さんが奥の調理台でウロコと内臓をきれいにとってくれて渡してくれます。
久しぶりにいろんなお魚のお顔が見られました。小ぶりの真鯛一匹が4ドルくらい。これって安いかな?


その夜は丸ごとのお魚でアクアパッツァを作りました。
acquapazza.jpg
注:写真を撮り忘れたのでこれはイメージ画像です。

まぁ当たらずとも遠からず。。。いやいや、こんな風にできたって、たぶん(^^)

桜満開です!
大学構内の桜、只今満開!
DSC01759.jpg

こちらの桜の多くは日本よりも白っぽい色をしています。
あちこちで綺麗な桜を見かけ、日本だったら花見に丁度よさそうだと思う場所でも、こちらではそういった光景を見かけたことがありません。普段から外で食事をする機会が多いからわざわざ花見みたいなことはしないのかな。

私たちのアパートにも何本も桜の木があって、こちらはすでに葉桜です。
最近は気温が上がって、日中は半そでで過ごす日もあったくらい暖かかったけど、ここ何日かまた雨ばかり降っている雨季みたいな天気が続いています。ふと見ると、我が家のコンクリートのベランダには緑の苔が!そしてベランダの出入り口にある木の扉にはなんとキノコが!!
昨日も今日もバケツの水をひっくり返したような雨、雨、また雨。
そんな中、こちらの人は小さい折り畳み傘をさしていたり、かっぱを着て歩いていたり、傘もささずにジョギングをしていたり、様々です。夏は雨が降らず年間通してそんなに雨が多い地域ではないので、大きな傘は必要ないのでしょう。
カリフォルニアらしい雲ひとつない青空が恋しい今日この頃です。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。