American Life
初めてのアメリカ生活。私の数々の失敗や街でみつけた面白いことなどを書いていこうと思います。 面白いことを発見するアンテナを作りたいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー天国 へブンリー!
雄大なシエラ・ネバダ山脈のちょうど中ほど、カリフォルニア州とネバダ州にまたがり、標高2,075mにある湖が
レイクタホです。
湖の大きさは、縦22マイル、横12マイル、海岸線71マイル(1マイルは1.6Km)。
湖を1周するには、車で3時間くらいかかるそうです(私たちはトライしていませんが)
一番深いところが1645フィート(約500m)。水が澄んでいて、透明度は世界有数なのだそうです。
私たちがスキーをした日は雲ひとつない青空だったのに、その空の青よりもっと濃いエメラルドグリーンに近い色をしていました。
白銀の世界に青く美しいレイクタホ。とってもすばらしい光景でした。
img06.jpg


この湖に沿って現在アメリカで最も美しいと言われるスキーリゾートが広がっています。特に湖の南、サウスレイクタホ・エリアはHeavenly(天国のような)Va11eyと呼ばれ、多くの観光客、スキー客で賑わっています。サウスレイクタホはまたハイキング、マウンテンバイクなどで一年中楽しめるオールシーズンリゾートでもあります。

海外スキーは初めての二人。
想像していたのは、広くながーいゲレンデ。
わくわくしてゴンドラからリフトに乗り換え、ひと滑り。
そこには日本と変わらぬゲレンデが。
リフト乗り場で英語やスペイン語などが飛び交い、休憩所の食事メニューが違う以外は日本のスキー場とよく似ていました。

所々上級者用のゲレンデには、ジャンプができたりするコースがあって、何人もの人がスキーやスノーボードでジャンプしたり回転したりする姿が見えたのが違うところかなぁ。
それから、滑れそうと思うところはどこでも滑り降りてしまうこと。
日本みたいに立ち入り禁止ロープがいろんなところにないので、林の中に入ったりコースではない斜面を滑ったりしていました。コースを外れても誰かが必ず滑った跡があってまたコースに戻れるようです。私たちも時々林の中に入ってみました。これが楽しい!新雪でもスキー板がはまることなく楽しく滑ることができました。
img03.jpg


そうそう服装でも違うところがありました。
こちらでは多くの人がヘルメット(スキースノボー用)を被ってスキーをしていました。子供の着用率は100%と言っていいくらい。
そういえば、自転車に乗るときもみんな競輪選手みたいなヘルメットを被っています。
そして、リフトチケット。DSC01755.jpg

日本ではチケットホルダーに入れますが、こちらでは、写真のようにチケットをむき出しのまま青いプラスチックの止め具でウェアに止めます。私は転んだときに破けてしまうといやだなと思って、ホルダーの中に入れていました。2日券で146ドルでした。日本より高いですね。

リフトは4人乗り以上のものばかりだったので、待ち時間が短いのは嬉しかったです。
志賀高原と同じようにここもいくつものゲレンデに移動ができてスキーを楽しむことができます。ただ日本の方がいいなと思ったのは、その移動がスムーズにできること。
こちらでは、その移動中に上り坂になることが多くてとても大変でした。私たちの体の筋肉痛はこの上り坂によるものが大部分を占めていたと思います。
05-06_trailmap_large.jpg


感動したのは、山の上から眺めたレイクタホ。
あの美しさは目に焼きついてはなれません。
それから、雪の結晶。
夕方から雪が降ってきたのですが、ふとスキーウェアを見ると雪の結晶が肉眼ではっきりと見えるではありませんか。
大中小と様々な大きさをした綺麗な雪の結晶。
カメラを持っていなかったのをちょっと後悔。

久しぶりのスキーでしたが、滑りやすい雪のおかげでスキーを楽しむことができました。

スポンサーサイト
レイクタホのヘブンリービレッジ
今週は月曜日が祝日で休みのため、先週の土曜日から3連休でした。
それから火曜日から金曜日までは、”スキーホリデー”で学校はなんとまるまるお休みです。
トータルすると9連休!!日本ではこんな時期の大型連休なんて考えられないですよね。
しかし、大学は関係なく平常どおり授業を行っているため、主人にとっては普通の3連休でした。
この連休を利用して、私たちの住んでいる街から車で5時間くらいの所にあるレイクタホのヘブンリースキー場へ2泊3日で行ってきました。
snapshot7_full[1].jpg

ヘブンリーはレイクタホにあるスキー場の中でも一番人気のあるスキー場です。志賀高原のようにリフトを乗りついで、いろいろなゲレンデに行けるようになっています。

心配した道路状況も、ノーマルタイヤでロッジやゴンドラの駐車場まで行けるくらい良く奮発して80ドルのチェーンを買った私たちは嬉しいような悲しいような。。。

へブンリーの麓の村は、へブンリービレッジと呼ばれていて、村の中にカリフォルニア州とネバダ州の境界線があります。
20060222130028.jpg
写真の真ん中の道が境界線。道を挟んで左側がカリフォルニア州、右側がネバダ州です。

カリフォルニア側は、小さなロッジがたくさんあり、高い建物もあまりありません。ネバダ側は、大きなカジノホテルが何件も軒を連ねていました。人気のあるのはネバダのカジノホテルですが、私たちの泊まったカリフォルニア側の方が、ショッピングセンターやスーパーなどがあり便利でした。

このへブンリーショッピングセンターは、宝石店やブティック、スポーツウエア店、レストラン、カフェ、ワインショップなどの他、スケートリンクや映画館まで完備しています。歩いてすぐの所には、カジノホテルがありカジノも楽しめるので、長期間滞在しても飽きずに楽しめる場所です。また、スキーをしなくてもショッピングセンターの中央広場から出ているゴンドラに乗っていけば、山の上から眼下に青く輝くレイクタホや、遠くに美しいシエラネバダ山脈を見渡すこともできます。そのためか、老若男女いろいろな人が来ていました。
shops_comp.jpg


これからへブンリーに行く方がいたら、お勧めしたいのがショッピングセンターに隣接するMarriott's Timber Lodge!ゴンドラ乗り場も目の前、カジノホテルやスーパーもすぐそばの絶好のロケーションです。値段はちょっとはるかもしれませんが、すごく便利です。

それから、もう一つ。レンタルスキーやウエアについて。
いろいろ調べても、それについて記述してあるホームページがなかったので、ネットで見つけた一番いいと思うレンタル店へ着いた早々向かった私たち。お得なクーポンを印刷していったけど、スキー板2人分とストック、ズボン1人分で100ドル近くしました。
それよりも、まずロッジに行き提携しているレンタル店を調べてから行くと、20%オフになったりします。電話での会話に自信のある方は事前に聞いておくといいかも。食事の割引クーポンもホテルに置いてある情報誌や新聞についています。まずは現地で情報を得てから行動した方がお得です。

最後にお得情報をもう一つ。
これもいくら検索しても分からなかったのですが、ベイエリアのセーフウェイでリフトチケットが買えます。
しかも一人10ドルオフ!
絶対買っていくべきですよ。

スキー場の様子は第2弾で詳しく紹介しますね。




[READ MORE...]
アメリカンホームクッキング教室
主人の留学先の学校には、留学生の家族や生徒向けのカルチャースクールがあります。私は絵画と英語、それから料理教室を受講しています。
アメリカンホームクッキングといっても、フランスのお菓子あり、イタリア料理あり、メキシコ料理ありと要するに何でもありの料理教室です。アメリカは他民族国家なので、イタリアンもフレンチもアメリカンホームクッキングのカテゴリーの中に入るのでしょう。

さてさて、今日のメニューは下の4品。
Ratatoille (ラタトゥイユ)
Polenta  (コーンミールのゆるゆるパンケーキみたいなもの) 
Sauteed Salmon Filets with lemon and butter sauce (つまり、サーモンのバターソテー)
Flourless Chocolate Cake (小麦粉を使わないチョコレートケーキ、すごい濃厚)

1.Polenta 
corn.jpg

これは、初めて食べる食感と味で例えるのが難しい。
あえて言うなら、中に混ぜてあるチーズがとろとろに溶けているゆるゆるなパンケーキみたいなもの。。。
先生は”今日も最高に美味しい!”と言っていたけど、私にはイマイチ。ラタトゥイユを上にかけていただきました。これは、ナイスアイデア!私は違うものの上にかけてみようと思います。

2.Salmon
sake.jpg

アメリカンサイズのサーモンでしょ?
スーパーではこのサイズで売っていることが多くて、切り分けてもらっています。このまま豪快に写真の上の方に写っている調味料をかけて、たっぷりのバターでソテーしました。小麦粉はつけません。塩コショウもなし。
ポイントは、焼きすぎないこと。中がまだピンク色のうちに火からあげるのが美味しさの秘訣。
これは美味しかった!!おまけに調理時間は5分くらい。主婦の見方の料理です。

3.Chocolate Cakecake.jpg


すごい濃厚なケーキ。よく言えばリッチテイスト、でもこれには大さじ12のお砂糖が!!
これで12人分なんだそうです。ちなみに9インチサイズ。
6個の卵に大さじ12の砂糖、3/4カップのバター、それから大量のチョコレート。。。それでスポンジを作り、上にはこれまた大量のチョコ、生クリームとシロップの混ぜたものが!
さすがアメリカのケーキと思っていたら、なんとこれはフランスのケーキなんだって。
和食ってなんてヘルシーなんでしょう。
和菓子だったらありえないよね。
でも、ぺロリと食べられちゃった私はすでにこの国の食事に馴染んでいるのかも。そういえば最近ほっぺがアンパンマンみたいになってる。。。

4.完成
DSC01726.jpg


ここまでで、2時間かかりました。

レシピもあるけど、好評だったら載せてみようかな。





アメリカのお店でみつけたもの
ご存知かもしれませんが、アメリカではコンビニをほとんど見かけません。この間カルトレイン(電車)に乗るために、Menlo Park の駅に行った時に、7イレブンを発見!懐かしさと物目ずらしさで店内に入ってみました。
すると、店内には”おでん”ならぬ、

cofee.jpg


”セルフコーヒー”が。
店の奥のほうにひっそりとありました。
ハワイアンコーヒーと書いてあったけど、だれでもそばに近寄れてしかも店員から見えない場所に置いておくなんていいのかなぁ。。。誰か変なものを入れても分からないよね。おまけに蓋は開いているし。
しかし、その前からコーヒーを飲みたがっていた主人は果敢にもトライ。お味の方は、最近のアメリカでは珍しいくらい(スタバやピーツコーヒーは濃くて美味しい)アメリカン。口に含んでから苦味とうまみを探しているうちに胃の中へ収まるという感じ。
こんなことなら、ちょっと歩いても美味しいコーヒーショップに行けばよかったと後悔。値段は財布にやさしい1ドル50セントくらいだから値段分薄いのか。。。

それから、初めて行ったスーパーの缶詰コーナーでキャンベルの山を発見。そういえば東京にいたときも見た気もするけど、私の身長の倍くらい続くスペースに整然と並ぶキャンベルの缶に圧倒された私なのでした。
can.jpg


キャビアのテイスティングって?
サンフランシスコから車で1時間くらい南に行ったところに住んでいる私たち夫婦。
休日にはたま~にサンフランシスコまで遊びに行きます。
この日は中国の旧正月のパレードが行われたので、久々にきれいな青い海を見に行ってきました。
立ち寄ったフェリービルディングで、キャビアのテイスティングができるお店を発見!

a href="http://blog-imgs-18.fc2.com/p/a/l/palomenlo/k.jpg" target="_blank">k.jpg


ここはキャビア専門店で写真のキャビアが16ドルでテイスティングできました。
キャビアって黒以外に赤や黄、緑もあるって知っていました?えっそんなの常識?
小市民の私にはすごい驚きでした。
これとシャンパンを頼んでカウンターでキャビアを楽しめます。
もちろんこのほかにもいろんなメニューがあり、高価なキャビアも50ドルくらいから食べられるようです。
普通のパスタやサンドイッチもメニューボードにあったけど、ここへ来たらやっぱりキャビアでしょう!
でも、ちょうどお昼ごはんを食べる場所を探していた私たちには、この一皿は上品すぎました。
写真を撮っただけで他のお店に行ってしまったけど、家に帰ってきて写真をみたらすごく興味をそそられて
ちょっと後悔。
また機会があったら今度は絶対試してみたい!

kk.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。